数学科カリキュラムの特徴と新たな取り組み

<特徴1> 対話型の専門教育と少人数指導

○少人数演習やゼミ科目で集中した指導
⇒ 対話的な授業形式で深い学びの実現

<特徴2> 対話型の専門教育と少人数指導

○数学の科目の単位を教職の単位として認定
⇒ 数学と教職の両立をサポート

<特徴3> 精選された開講科目

○学生自ら学ぶ学習時間の確保
⇒ 主体的・能動的な学習能力を育む。

他学科研究室との「ダブルラボ」を開始

⇒ 理工学諸分野における数学の応用面にも精通した人材を育成

教員養成の充実・高度化

○卒業研究≪教職コース≫を開始
⇒ 専門的な数学を修めながら教職セミナーの履修が可能

○学部・大学院の一貫教育の実現
⇒ 教職コースと連携した6年間のカリキュラムによる数学・教職の両方の専門性を強化

○本学科出身の教員のOB・OGとの協働組織の構築
⇒ 数学志望の学生・卒業生をサポート